Sumuのブログ

Sumuのブログ

2018年からブログを初めたSumuです!宜しくおねがいしますm(_ _)m

MENU

トーキングマラソン|話す英語トレーニングの効果はある?

 

 

こんにちは、Sumuです^^

 

大学生になって以来、私は英語の参考書ではアルクにお世話になっ

ています。

 

f:id:Sumu:20180930171117j:plain

 

アルクといえば、このマークで有名です

 

f:id:Sumu:20180930170734j:plain

 

 

今回はアルク社が提供する新しい英語アプリ:トーキングマラソン について基本情

報と効果について調べました!

 

目次

1.トーキングマラソンとは?

f:id:Sumu:20180930190323j:plain

 

トーキングマラソン スマホアプリで手軽に英会話のトレーニングができるサー

ビスです。1日5分間でも継続すれば十分に英会話のスキルが上げられるような構

成に作られています。

このアプリが開発された背景として、多くの日本人が中学、高校を通して6年間も

英語を勉強したのにも関わらず、まともな英会話を話せる人間がほとんどいない

という事実があるからです。それは何故生じてしまうかというと、日本の勉学に

おける学生の英語力とは、「Writing(書く)」「Listening(聞く)」の能力のこと

を言うからです。そこには「Speaking(話す)」という話す力はふくまれていません。

大学受験なんかでもほとんどの大学が和訳、英訳といった書くことばかりを重視

しているため、日本の学生に話す力が欠けてしまうのは仕方がないのです。

また多くの方は、「Speaking力を鍛えるには留学しかない!」とお考えのようで

すが、それはそれで期間と場所によっては莫大な費用と時間がかかります。そこ

トーキングマラソンは、この「Speaking力」低コスト短時間で鍛えようと

いう方針の下で開発されました。

 

2.どんなトレーニングをするのか?

 

トーキングマラソン では、実際の会話状況をベースにまず話すことからはじめます。

6秒レスポンスでは、ある状況を表したスクリプトが出題され、それを6秒以内に実際に

英語で発話しようとすることで、瞬間英作文的なトレーニングができ、英会話でも役立

つスキルを磨きます。スキットは3~6フレーズで構成されるため、日本にいながら多く

の英語を発話する機会が得られます。また、フレーズに使われている語彙も中学英語レ

ベルを中心に作られているため、改めての単語暗記も必要ありません。

f:id:Sumu:20180930190054j:plain

 

さらにトーキングマラソン には以下の機能もついています。

 

  1. 会話シチュエーションは英語学習で多くの実績がある株式会社アルク様の  「キクタン英会話基礎編、初級編、発展編」に掲載されているフレーズをベースに制作。
  2. アプリに搭載された音声認識エンジンによりユーザーの発話と正解の英文をマッチングして  4段階の評価をフィードバック!  実際の発話を促す。
  3. 1日1~3個の様々なシチュエーションのスキットが更新される為、飽きることなく続けられます。

 

 

 

3.おすすめの勉強法とは?

f:id:Sumu:20180930185732j:plain

 

トーキングマラソン の1スキットあたりにかかる勉強時間はたったの5分程度です。

ですから例えば英語を1時間勉強するとなった時に、最初の45分は単語や文法、読解力

などの勉強に時間を使い、残りの15分でこれを3スキットやる、といったやり方もあり

ますし、時間がないときは家で5分だけやるといった方法もあります。

ただし、電車内での勉強はあまりおすすめしません。トーキングマラソン は英語の話す

力を養うので、なるべく声を出せる環境で勉強しましょう。また勉強する短時間の間は

全神経を集中させて英語学習に取り組んでください。

私としては トーキングマラソン 1日5分~15分がちょうど良いと思います。なぜなら

1日に沢山のスキットをやりすぎると、そのスキットでの重要なポイントを見失いやす

く、頭に定着し辛いからです。

 

 

4.料金

 

月々の料金は、

3980円(税別)(1日あたり132円)

でのプランとなっています。

この価格は、語学力を身につけるために海外に留学したり、専門の英会話教室に通うよ

りもはるかに低コストです。また自分の好きなタイミング、時間にできるので、個人の

スケジュールに合わせやすいのも魅力のひとつです。

 また、2週間無料お試し期間もあるので、試しのやってみてはいかがでしょうか?