Sumuのブログ

Sumuのブログ

2018年からブログを初めたSumuです!宜しくおねがいしますm(_ _)m

MENU

皆さんはLaTeXというPDF作成ソフトをご存知でしょうか?

 

 

 

こんばんは、Sumuです^^

 

タイトルにもある通り、PDF作成ソフト

 

f:id:Sumu:20181029014724j:plain

 

を知っていますでしょうか?

ちなみに何と読むか分かりますか?「ラテックス?」,「ラテック?」、、、

 

 

 

 

一般に受け入れられている回答としては、「ラテフ」と読みます。

今回はLatexを知らない方に向けて、その魅力を伝えられたらな~(*´∀`*)と思い記事を書いてみました笑

 

 

1.あなたは職場や学校において、どんなソフトで文書を記述しますか?

 

美しい文章を作成する際、コンピューターの世界では、次の2つの方法が挙げられます。

 

1-1.見たまま方式

 

見たまま方式(What You see is what you get「あなたが見るものはあなたの得るものである方式」)

この方式では、実際にプリンタで印刷したイメージにできるだけ近いものを生成し、画像表示します。そしてマウスやメニューなどを用い、画面上に見える文章を対象に修正を施します。配置やフォントを変更したり、文章を直したりすると、その結果は直ちに画面に反映されます。Wordなどもこの仲間です^^

 

メリット
  • 知識がなくてもすぐに始められる。

 

  • ひと目で自分の文書を確認できる。

 

デメリット
  • 箇所ごとに「このスタイル」という指定を繰り返し行う必要があるので、そのマウスの移動や操作に時間がかかる。

 

  • 多くの場合、「こういう体裁に」ということを人間がデザインし制御するので、センスがないと美しくできない。

 

  • 1つの体裁に合わせて文書を作るため、あとで体裁を変更するのは大変。

 

  • ファイルソフトが特定ソフトに依存しがちで、コンテンツの流用が難しい。

 

 

1-2.マークアップ方式

 

マークアップ(markup)方式

この方式では、テキストエディタを用い、ファイル中にテキストを混ぜて特別な「印」(マークアップ)を入れ、整形系と呼ばれるソフトウェアがこれに従ってレイアウトを行います。今日のマークアップ「ここは見出し」「ここは引用」など、個々の部分の意味を指定する意味づけ方式(semantic ecoding)を採用しています。マークアップではコマンドによって細かい制御が行えますが、レイアウトをチェックする際に「整形+プレビュー」操作を行う必要があります。LaTeXは実はこの仲間に入ります^^

 

 

メリット
  • どこはどういうマークアップをするか覚えてばあとは「打ち込む」作業の一部であり、時間が掛からない。

 

  • スタイルが標準化されているので、デザインの形式に頭を悩ます必要がない。

 

  • 整形用スタイルを複数用意することで、多様な体裁に対応できる。

 

  • ファイル形式がすべてテキストファイルなので、マークアップの統一的な書き換えなどの処理を行うなどして流用が容易。

 

デメリット
  • 予めいくつかのコマンドを覚えなければならないので、慣れるまで時間がかかる。

 

  • 見たたま方式とは違い、テキストと実際に出力されるpdfの画面は異なる。

 

 

「文書を作るのにコマンドを覚えるなど耐えられない!」「そんな面倒な方式は旧態依然だ!」と思ったでしょうか?(;´∀`)

しかし実は、大量に文書を作成するプロほど、LaTeXのような整形系をメインに使っています。それは大量に文章を作る人にとってはコマンドの方が圧倒的に効率的だからです。またLaTeXはスタイルのチューニングが徹底しているので、「おまかせ」で比較的美しい文書が自動で構成されます。

 

 

 

2.実際にLaTeXでpdfを作ってみた。

 

 

「百聞は一見に如かず!」と言うように、

まずは私が中学校の塾生徒に向けて作った数学のテストを例に見ていきましょう

(*´∀`*)

 

入力テキスト:

f:id:Sumu:20181029011358p:plain

 

作成されたPDF:

 

f:id:Sumu:20181031122455p:plain

 

f:id:Sumu:20181031122522p:plain

 

 

テキストを見れば分かる通り、wordなどとは全く違った書き方ですよね(*´∀`*)

これがマークアップ方式です。記号などを覚えるまでは大変ですが、それさえクリアすれば作業の効率が飛躍的に向上しますよ!

ご覧の通り、文書の配置は命令すればすべてコンピューターが自動で処理してくれています。

 

他にも高度な文書が沢山書けるので、自分でいろいろ報告書などをつくってみるのもアリですね笑

私は理工系の大学に通っているので、レポートなどの作成はすべてこれ一択です!

 

LaTeXは便利ですが、インストールが面倒くさいのと、コードを覚えるのに初めは慣れないと思うので、そんな時はコイツがおすすめです。

 

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

 

 

これは私がLaTeXを始める時に使った参考書です。

この付属のCDには予めLaTeXがインストールされているので、環境設定も楽チンです♪

 

みなさんもLaTeXを使って、かっちょいい文書を是非作ってみて下さい(*´ω`*)。

 

 

 

 

今回の記事はどうでしたか?

 

面白いと思ったら高評価とtwitterのフォローお願いします♪♪